« お飾り | トップページ | きんかん »

2005.12.29

白菜が甘い

毎日、白菜を食べている。味噌汁にしたり、炒め煮にしたりしているが、とにかく甘くて美味しい。先週の「ためしてガッテン」で白菜を甘くする方法を知ったせいである。

白菜は中心部がいちばん甘いという。糖度が10もあり、イチゴに匹敵する甘さを持っている。半分に割ってその部分をかじってみると、たしかにかなり甘い。最初はそうでもないが、あとになってぐっと甘さが来る。だから、その部分は生のままサラダなんかにするといい。

白菜の中心部を取り除いたものをそのまま置いておくと、葉の部分の甘味が増すという。中心部の成長点に栄養を送らなくていいので、葉自体の甘味が増すのである。もちろん、半分に割って日光に当て、水気を飛ばしても甘くなる。甘くなるだけでなく、うまくなる。

もうひとつの方法は、白菜の葉をオーブンで焼くというものだ。150度10分。余熱時間を入れると少々手間と電気代がかかるが、これで白菜がぐんとうまくなる。いままで食べていたのはなんだったのかと思うくらいだ。


« お飾り | トップページ | きんかん »

コメント

今夜は白菜、人参、キュウリのサラダ!

投稿: sakura | 2005.12.29 21:40

あ、150度ですよね、150度…近日中にぜひ試してみようと思ってます。
台所のことなど、私もかの番組からたくさん勉強させてもらっています。

投稿: まだむこぼれだね | 2005.12.30 23:57

まだむこぼれだね さん、
ありがとう。150度10分でした。
またやってしまいました。
さっそくなおしておきます。

投稿: ripple | 2006.01.02 17:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/7893752

この記事へのトラックバック一覧です: 白菜が甘い:

« お飾り | トップページ | きんかん »