« クリスマス・イヴ | トップページ | 急性腰痛 »

2005.12.25

野川暮色

kawarahiwa カワラヒワ

午後2時すぎ、野川に行った。すでに右岸は日陰になっており寒い。桜の木の上に鳥が見える。遠目にはモズのように見えたが、双眼鏡で確かめるとカワラヒワだった。キロロキロロときれいな声で鳴いている。顔は雲助のようだが、いい声だ。キセキレイ、ハクセキレイが飛び回っている。カワセミの姿は見えなかった。水の上ではオナガガモ、コガモ、カルガモ、ユリカモメなどが遊んでいた。

goisagi1 ゴイサギ

ゴイサギ(五位鷺)がじっと片足で立っている。夜行性の鳥なので眠っているのかもしれない。目の赤みが不十分だし、羽先がすこしくすんでいるので若鳥だろう。からだも成鳥よりは小柄に見える。以前、ビデオでゴイサギが魚を採るところを見たが、やはり動きはスローだった。他のサギ類に似合わず、ずんぐりしている。

hosigoi0 ホシゴイ

hosigoi2 離陸

こちらはホシゴイ。ゴイサギの幼鳥で、胸に星状の斑点があるのでこう呼ばれている。上の成鳥とはだいぶ色が違う。それでも羽が茶色からグレーに変わりつつあり、幼鳥といってもかなり育っている。こちらに気がついたようだ。しばらくすると両足をそろえ、それからふわりと飛び上がって、どこかえ飛んで行ってしまった。

aosagi アオサギ

すこし下流に行くと、野川の中洲のなかにアオサギが休憩していた。寒いのに河原に佇むその姿は、まるで乞食坊主だ。ときには貴婦人のように見えるのに。しばらく様子を見ていたが、まったく動く気配がない。こっちも寒くなってきたので帰ることにした。

« クリスマス・イヴ | トップページ | 急性腰痛 »

コメント

こんにちわ、どの写真もすてきですね。鳥の写真が現れるたびに、思わず写真に向かって話しだしていました。。。ところで、この写真のホシゴイですが、南カリフォルニアのロングビーチという町の海辺の木にそっくりな鳥が止まっているのんを見たことがあります。あの時は鳥の図鑑とか見て調べたのですが、結局何の鳥だかわかりませんでした。
 
ところで、野川というのはどこにあるのですか?きっとこのブログのどこかに説明されていると思うのですが。。。綺麗なところですね。

投稿: かずみ | 2006.01.09 15:19

かずみさん、こんにちは、
野川は東京の世田谷の中級河川です。
多摩川にもたくさん鳥がいるのですが、
広すぎて見つけにくいし、逃げられたら
追いつきません。そこへいくと野川は
川幅も狭いので、鳥見には最適です。
東京も川が徐々にきれいになっています。

投稿: ripple | 2006.01.09 21:18

東京でこんなに野鳥が見えるんですか。驚きました。川が綺麗になってきてよかったです。日本の綺麗な自然いつまでも残っていてほしいです。

投稿: かずみ | 2006.01.10 05:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野川暮色:

« クリスマス・イヴ | トップページ | 急性腰痛 »