« 腸腰筋 | トップページ | 五行歌誌10月号 »

2005.10.06

ヴィパッサナー瞑想法

ヴィパッサナー瞑想法については、以前、ウイリアム・ハート著"The Art of Living" の翻訳をさせてもらった。これは春秋社から『ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門』というタイトルで出版されている。また、瞑想コースに参加したときの様子を体験記としてまとめ、陽気堂はり治療室のホームページに公開している。

ときどき、本や体験記を読んで10日間コースに参加したという方がメールをくれたり、ホームページの掲示板に書き込みをしてくれる。いまは直接ヴィパッサナーに奉仕できない状態だが、こういう形で瞑想者が増えていくのをみるのは嬉しい。きのうも掲示板にこんな書き込みがあった。

こんにちは、はじめまして、
私は、この前の9下旬からのヴィパッサナー10日間コースを始めて体験させていただいた者です。私の場合、知人友人の紹介ではなく、偶然ネットでヴィパッサナー協会のHPを知ったので、興味はあったのですが同時に胡散臭い気持ちが強くて、一年ぐらい放置していたのですが、今年どうしても行きたくなり、体験者の情報を検索しているうちに、ここのHPを見つけました。こちらの体験談のお陰で、コースを受ける決心がつきました。また、翻訳しておられるヴィパサナーの本も参加前に読むことができ、とても助けになりました。参加してみて、本当に本当によかったです。ありがとうございます。by naovo

さっそく返事を書いた。

naovoさん、はじめまして、
書き込み、ありがとうございます。
わたしの「ヴィパッサナー瞑想体験記」を読んでいただいてもらったことを嬉しく思います。わたしはドイツ人の友人の紹介で行きましたが、まったく予備知識がなかったのでずいぶん戸惑いました。どうやって逃げ出そうかとばかり考えていましたよ。(^-^)

でも、結果的には人生を大きく変えるような体験を得ることができました。表面的な暮らしはあまり変わっていないのですが、心が落ち着き、目先のことに一喜一憂することがなくなり、ゆったりと生きることができるようになりました。結局はお金という人も多いけれど、結局はこころですからね。何度かコースをとったら、ぜひ奉仕をされることをおすすめします。ひとのためでなく、自分のためにです。

きょうの昼休みにも、ヴィパッサナーの瞑想をしている人がみえた。『ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門』を読んで10日間コースをとった人で、タイやミャンマーでも瞑想コースに参加してきたという。わたしが本を書いたわけではなく、ただ翻訳をさせてもらっただけだが、それでも瞑想の輪がひろがっていくのをみるのは実に嬉しい。


« 腸腰筋 | トップページ | 五行歌誌10月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/6285439

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィパッサナー瞑想法:

» 必ず良くなっていく [この一瞬をとらえる、ヴィパッサナー瞑想の世界]
・必ず良くなっていく…と思い続ければ、いつの日か必ずそうなります。  前向きの明るい心がカルマを作っていくので、やがて事象に影響を及ぼしていくからです。 [続きを読む]

受信: 2005.10.22 11:24

« 腸腰筋 | トップページ | 五行歌誌10月号 »