« 秋彼岸 | トップページ | 祇園囃子 »

2005.09.24

納豆が少ない

2、3週間前から、納豆の量が減った。パック売りの納豆の量が目に見えて少なくなっている。どのメーカーのものも減っている。ニュースによると原油の高騰が原因らしい。パックは石油から作るから、その値段が高くなったので、納豆の量を減らして利益を確保しているそうだ。輸送料や燃料費なども上がっているのだろう。

それにしても、納豆の量の減り方は尋常でない。1.5割ぐらいは減っているのではなかろうか。コストを価格に反映させると売れ行きが落ちるから、中身を減らしているのだろう。ま、それも仕方あるまい。

わたしが子供の頃は、納豆は藁苞わらづと入りか、経木きょうぎで三角に包まれたものと相場が決まっていたのに・・・ 経木は杉や檜を紙のように薄く削ったもので、昔はこれに経文を写したからこう呼ぶそうだ。


« 秋彼岸 | トップページ | 祇園囃子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/6095554

この記事へのトラックバック一覧です: 納豆が少ない:

» 納豆パック [顔晴れウーマン]
納豆の量が少なくなった。 通常50gを45gにしたそうだ。 あんまり気づかなかったけど・・ 原因は、原油の高騰だそうだ。 考えてみれば、納豆以外のフィルム、外箱は発砲スチールだし・・100%石油製品だ。 高騰に左右されてしまうのも無理はない。 確か・・水戸納豆は藁のパッケージだったような気がする。 いまさら、藁にはねぇ。 現在の環境保護傾向に逆行するような、納豆のパック。... [続きを読む]

受信: 2005.09.29 12:25

« 秋彼岸 | トップページ | 祇園囃子 »