« またやってしまった | トップページ | ドラゴンフルーツ »

2005.09.09

腕が痛くありません

坐骨神経痛の治療にみえていた中年女性。きょうで4回目。左足のひきつれや痛みがほとんど消えた。その人が「左腕も痛いのです。後ろにやるとピリッと痛むのです」という。坐骨神経痛のほうが辛かったので、腕のことを話すのを忘れていたらしい。10年以上前、左肩が痛くなって、そのまま動きが悪くなったという。

検査をすると、たしかに腕を後ろに持っていくことができない。はじめ上腕二頭筋が硬縮しているのかと思って、その治療をしてみたが効果がない。つぎに肩が内側に巻き込んでいるためかと思って肩甲下筋の治療をしたが、やはり変化がない。それぞれ圧痛があるので少しぐらい変化が出てもいいはずなのに、古い障害だからダメなのだろうか。

つぎに、肘をからだから離すと痛がるので、これは肩関節の内転変位もあるようだと考え、その治療をした。肘を脇につけ、肩の方に押し上げるのである。この位置で3分ほど固定し、ゆっくりゆっくり元に戻していった。

服を着たあと、「肩のぐあいはどうですか」と聞くと、「あら、腕が後ろに行きます。痛くありません」という。たしかに、見た目にもだいぶ腕が後ろにいくようになった。彼女は、「長いあいだ苦しんでいたのに、嘘みたい」と何度も腕を後ろにやり、目に涙を浮かべていた。こっちも驚いた。たまに、ごくたまにこういうことが起こる。10年来の痛みが1回の治療で治ったりするのである。

« またやってしまった | トップページ | ドラゴンフルーツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腕が痛くありません:

« またやってしまった | トップページ | ドラゴンフルーツ »