« とみくら蕎麦 | トップページ | またやってしまった »

2005.09.05

オシロイバナ

osiroibana1  osiroibana3

夏の道端を飾る花にオシロイバナがある。ピンクが多いが白い花も見かける。とはいっても、この花、夕方に咲いて翌朝9時ごろには閉じてしまう。だから昼間咲いているのを見ることは少ない。午後4時ごろから咲き始めるから、英語では four o'clock と呼ぶ。花を摘んで匂いをかぐと、たしかに白粉のにおいがする。

osiroibana2

治療室のそばには黄色いオシロイバナがある。黄色はめずらしい。きのう3時ごろ見たときはぜんぜん花が咲いていなかったが、4時すぎに見たときはちらほら咲き始めていた。台風の接近で空が曇り、暗くなり始めていたせいもあるかもしれないが、まさに四時花だ。まだ咲ききっていないので、花にシワが寄っている。やはり、夜の蛾に受粉の手伝いをしてもらうのだろう。


« とみくら蕎麦 | トップページ | またやってしまった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/5794023

この記事へのトラックバック一覧です: オシロイバナ:

» 花言葉は「不思議な」? [緑の森を楽しく歩いた]
 陽気堂日誌さんがオシロイバナの話を書いてらっしゃいます。  子どもの頃からよく [続きを読む]

受信: 2005.09.06 19:01

« とみくら蕎麦 | トップページ | またやってしまった »