« つくつく法師 | トップページ | ショコラ »

2005.08.28

晩夏の野川

nogawa 久しぶりに野川に出かけた。2ヶ月ぶりぐらいになる。夏のあいだは暑いし、草丈が長く、鳥の姿があまり見られない。きょうは少し涼しかったが、やはり野鳥は少なかった。先日の台風で川岸の葦などがなぎ倒されいる。

kosmos1鳥見の先輩、あるばさんにお会いしたが、あまり鳥の姿は見られないとのことだった。しかたなく、セミやバッタの写真を撮った。きたみふれあい広場では、鶏頭やコスモスの花が咲いていた。百日紅もそろそろおしまいだ。

tsukutsukuboushi1ツクツクボウシは小さくて地味な色のセミだ。羽が透けているので、すぐそばで鳴いていても見つけにくい。京子が地面に落ちているのを見つけたが、なんと、交尾中のペアだった。そっと植え込みに移したが、ぜんぜん離れない。かれらは必死なのだ。

minminzemi ミンミンゼミの写真も撮れた。実際にミーンミーンと鳴いているところを撮ったから間違いない。こちらは胴体が緑がかっており、羽に黒い紋がついている。想像していたより大きかったが、どうやら私はニイニイゼミとミンミンゼミを混同していたらしい。子供の頃よく捕まえた小さいセミがニイニイゼミで、ミンミンゼミはアブラゼミぐらい大きさだ。ミンミンとニイニイでは間違えても無理はない。これらのセミにアブラゼミが加わって、野川沿いの道はすごい蝉時雨である。

kawasemi06 帰りがけに、小田急のガードの近くでコサギを見ていたら、川上からカワセミが飛んできて葦の枝に止まった。胸の色がくすんでいるから幼鳥だ。動きも子供っぽい。だが、すぐまたどこかに飛んでいってしまった。けっきょく、きょう観察した鳥は、カルガモ、アヒル、ツバメ、ハシブトガラス、ドバト、ヒヨドリ、シジュウカラ、スズメ、コサギ、カワセミ、ということになる。

« つくつく法師 | トップページ | ショコラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩夏の野川:

« つくつく法師 | トップページ | ショコラ »