« 弘法の筆 | トップページ | 晩夏の野川 »

2005.08.27

つくつく法師

窓の外でつくつく法師が数匹鳴いている。代わる代わる、それぞれの声を追いかけるように、競い合うように鳴いている。あの4、5センチのからだで、それこそありったけの声を出して自己主張している。

はじめは「オーシーンツクツクツク」と、オとシをぐ~んと引っ張り、ツクツクツクと「ツク」を3回添える。それから「オーシンツクツクツク」となり、だんだん速度を上げていく。20回ぐらいこれを繰り返し、じゅうぶん加速したところで、「モイヨー」と転調し、これを3、4回ほど唸ってからプツンと鳴きやむ。なかなか味わいがある。

百科事典には「オーシーツクツク」と鳴くとあるが、わたしの耳には「オーシーツクツク」と聞こえる。子供の頃から、そう聞いてきたので「オーシーツクツク」はないだろう、なんて思ってしまう。耳を澄まして聴くと、やはり「オーシーツクツク」だ。だいたい、子供のときはツクツクボウシなんて呼んだことがない。「あ、オーシンツクが鳴いている」、などと言っていた。

オーシンツクの輪唱はなかなか聴き応えがある。なんてったって生演奏は迫力がある。ま、いずれにしても、この蝉の声が多くなったからには、夏も終わりだ。


« 弘法の筆 | トップページ | 晩夏の野川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/5661636

この記事へのトラックバック一覧です: つくつく法師:

« 弘法の筆 | トップページ | 晩夏の野川 »