« すずめ | トップページ | 蜩 »

2005.08.08

セミの羽化

semi3ゆうべ8時ごろ、庭の藤の枝でアブラゼミが羽化しているのを見つけた。もう殻から完全に抜け出て、弱々しい薄緑の羽に体液を送り込んでいるところだった。邪魔をして悪いとは思ったが、懐中電灯で照らして写真を撮った。

フラッシュを焚くと雰囲気が台無しになるし、懐中電灯が近すぎると白トビしてしまう。そうかといって、あまり暗いとシャッタースピードが遅くなるのでブレてしまう。それでも、LUMIX-FZ10は手振れ軽減装置がついているので、なんとか見られる写真が撮れた。もう少し細部がはっきり写ったのもあるが、そうなると羽化の雰囲気が出ない。写真はむずかしい。

蝉は5年も6年も土の中で暮らし、暑い夏に地上に出て羽化し、2週間あまりの命を精一杯生きて、子孫を残して死んでゆく。2000日眠って20日飛ぶとすると、地上での暮らしはセミの一生の1パーセントにすぎない。わたしがアメリカにいた年には17年蝉が大発生し、森がゴーゴー音を立てていたのを覚えている。その蝉は17年も土の中に眠っているのだ。なんという一生だろう。

セミの一生は
九九%が土の中
地上での暮らしは
一瞬のかがやき
生の結晶

■衆議院が解散した。小泉首相みずから郵政解散という。残暑はきびしい。


« すずめ | トップページ | 蜩 »

コメント

>懐中電灯で照らして写真を撮った
夜の撮影で上手く、効果的に撮れてますね
私も慌てすぎ、レンズ交換できなかった事を残念に思っています

こちらに伺うと詳しい生態などが分かり知らないことが覚えられ嬉しいです


投稿: hana | 2005.08.12 16:58

hanaさん、こんにちは、
きのうの夜も外に出てセミの幼虫を探しましたが見つかりませんでした。もうアブラゼミの羽化は終わりなのでしょうか。これからはつくつく法師の羽化が見られるかもしれませんね。

投稿: ripple | 2005.08.12 17:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/5360924

この記事へのトラックバック一覧です: セミの羽化:

« すずめ | トップページ | 蜩 »