« 夏の終わり | トップページ | 最後のヒマワリ »

2005.08.22

郵政民営化

先の参議院で郵政民営化法案が否決されたのを機に、小泉首相は衆議院を解散した。郵政民営化の是非を直接国民に問いたいという。衆議院で法案に反対した自民党の造反議員は公認せず、賛成派の対立候補を次々に立てている。綿貫氏や亀井氏はこれでつぶされる。

マスコミは刺客が送られたと騒いでいるが、郵政民営化反対ばかりの候補者では、選挙民の選択肢がないという理由からだ。綿貫さんが国民新党を立ち上げたり、ライブドアの堀江社長が亀井さんの選挙区から出馬したり、長野県知事の田中康夫が新党「日本」を立ち上げたり、次々と選挙に向けた動きが起こっている。

おかげで郵政民営化だけでなく、この国の抱えるいろんな問題があちこちで議論され、いままで知らなかったことが分かってきた。なにはともあれ、みんなが自由にものを言える国に住めることはありがたい。


« 夏の終わり | トップページ | 最後のヒマワリ »

コメント

共感します。政治は詳しいとは言えませんが、こういう状況があると、本性とか色々見えてきますね。私は今より住みよい社会にするための第一歩は行政改革、そして、rippleさんのおっしゃる通り、政治の良し悪しの一番の基準は自由にものが言えるか否かだと思います。

投稿: めろん | 2005.08.23 01:03

めろんさん、こんにちは、
ヒットラーだったら、殺されちゃいますからね。
税金泥棒たちを曝して叩き出しましょう。

投稿: ripple | 2005.08.23 13:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/5586187

この記事へのトラックバック一覧です: 郵政民営化:

« 夏の終わり | トップページ | 最後のヒマワリ »