« ムーラン・ルージュ | トップページ | つくつく法師 »

2005.08.26

弘法の筆

般若心経をあげようとしたが、暗誦していたはずなのに途中でつっかえる。そこでお寺からもらった経本を見ることにした。そのとき、京都の東寺で買った「弘法大師直筆の心経」があるのを思い出した。その筆跡の美しさのあまり、衝動買いしたものだ。

singyoあらためて弘法大師の筆を見てみると、これがじつにいい。文字が生き生きしている。変な力が入っていない。かと言って、へなへな文字でもない。千年も昔の人が目の前にいるようだ。

讃岐の少年・真魚(まお)は、都に出てさぞかし猛勉強をしたことだろう。空海、弘法大師となると雲の上の人になってしまうが、その筆跡を目の当たりにすると、同じ人間だったということが分かる。ただ、その求道の情熱たるや、想像を絶する。


« ムーラン・ルージュ | トップページ | つくつく法師 »

コメント

弘法大師直筆・・・素晴らしいですねー。
私も毎日、「般若心経」「光明真言」唱えています。
京都の東寺でしか売っていないんでしょうか?
ちょっと欲しいかも・・・・(^-^)
探してみます。
暗唱は出来るんですが、まだお寺でもらった
経本はひろげています。

投稿: yoko | 2005.08.28 19:11

yokoさん、コメントありがとうございます。
空海の書、いいでしょう。真言宗系のお寺なら手に入るかもしれませんが、東寺に電話をすれば送ってくれるかもしれません。以前、聖徳太子の書を見たことがありますが、やはり感動ものでした。本当に書は人をあらわしますね。

柳澤桂子さんの「生きて死ぬ智慧」はお読みになりましたか。最先端の生命科学者が説く般若心経は、おそらく一番わかりやすいのではないでしょうか。必読書です。

投稿: ripple | 2005.08.29 09:42

ありがとうございます。
東寺に電話してみます。聖徳太子の書ですか
みてみたいですねー。
すごいんでしょうねー。
柳澤桂子さんの「生きて死ぬ智慧」持っております。
友達から頂きました。素晴らしい内容ですよね。
年齢と共にこういうことに興味を持っております。

投稿: yoko | 2005.08.29 21:23

yokoさん、最近はパソコンを打つため、手書きの文字が情けないくらい下手になってしまいました。漢字も忘れます。1000年以上むかしの人の勤勉さに頭が下がりますね。

投稿: ripple | 2005.08.30 15:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/5644859

この記事へのトラックバック一覧です: 弘法の筆:

« ムーラン・ルージュ | トップページ | つくつく法師 »