« カラスウリの花 | トップページ | お盆休み »

2005.08.12

カラスウリの花(2)

karasuuri001カラスウリの花が完全に咲いたところを写真に撮りたくて、夜9時半ごろ、のこのこ現場に出かけた。外灯の薄明かりのなか、白い花がたくさん見える。咲いている、咲いている。5弁の花びらから糸のような繊維が出て、レースのような飾りをつくっている。クモの巣のようにも見える。写真はフラッシュを焚いているので実際の花の雰囲気が損なわれているが、カラスウリの花の不思議さはじゅうぶん伝わるだろう。

karasuuri005ついでに、長念寺のキカラスウリの花も見に行った。昼は枯れてしぼんでいるように見えるが、こちらも元気に咲いていた。さすがに夜の花だ。キカラスウリの花は、カラスウリよりも花びらが広く、繊維の出方がはげしい。神経細胞みたいだ。しかし、なぜ夜中にこのような形の花を咲かせるのだろう。暗闇ではうっすらとしか見えないだろうに。


« カラスウリの花 | トップページ | お盆休み »

コメント

カラスウリとキカラスウリの花を始めてみました。
凄い不思議で綺麗ですね。
何故、夜咲くんでしょうね?
感動しました。
ありがとうございます。

投稿: yoko | 2005.08.13 22:46

いつも素敵な写真を見せてくださって嬉しいです。カラスウリって、子供のころは赤い実をよく観た覚えがありますが、この頃はみませんね。ましてや花を見たのは初めてです。花は大好きです。初めての花を見るとワクワクします。ありがとうございました。

投稿: めろん | 2005.08.13 23:01

私も川崎市(幸区)に住んでいますが、同じ市内にこんな綺麗な花が咲いていたり、豊かな自然には驚きです。
南部はどっちかというと「元公害の街」で、灰色のイメージが強いのでなおさら。

投稿: 白猫 | 2005.08.17 15:06

yokoさん、コメントありがとうございます。
夜に咲くのは蛾を誘うためらしいです。おそらく匂いもあるのではないでしょうか。雄花と雌花がありますから、蛾に受粉してもらうのでしょう。しかし、このレースはみごとですね。

めろんさん、こんにちは。
赤い実を割って、その黄色い汁を足に塗ると、かけっこが速くなるというので子供の頃やりました。皮膚がつっぱって変な感じでした。かけっこの効果は?です。(^-^)

白猫さん、川崎しでしたか。近いんですね。
元公害の街も最近はきれいになりましたね、日本鋼管も東芝もほとんど移転して。カラスウリの花は昼間はしぼんでいるので、白いおしろいばなのように思っていましたが、夜その花を見るとそれはそれは感動的です。

投稿: ripple | 2005.08.19 09:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/5441374

この記事へのトラックバック一覧です: カラスウリの花(2):

« カラスウリの花 | トップページ | お盆休み »