« みそはぎ | トップページ | 春夏秋冬そして春 »

2005.07.20

大賀ハス

町田の薬師池公園に蓮の花を見に行った。うちから車で30分ぐらいだ。中高年のカメラマンがたくさんあちこちに三脚を立てて、お目当ての蓮の花をねらっている。スケッチをしている人も少なくない。花はまだ咲き始めのようで、花のあとにできるシャワー状の花茎が少ない。大きな緑の葉のあいだに、美しいピンクの花が散見する。蕾も花もじつに「おいしそう」である。

hasu002 hasu007 hasu001 hasu012

ここのハスは「大賀ハス」と呼ばれている。1951年、故大賀一郎博士が千葉県検見川遺跡で2000年以上も前のハスの実3個を発掘し、そのううちの1個を発芽させることに成功した。ここのハスは、その大賀ハスの株を孫分けしたものだそうだ。2000年も前の種が発芽するというのもすごい。

園内の展示場では、秋山庄太郎の「蓮と睡蓮の写真展も開かれていた。それから、民家園、万葉苑にも足を伸ばした。池にはカルガモ、アヒル、カイツブリなどが遊び、カメが甲羅を干していた。カワセミも見えた。ここはいい公園だ。


« みそはぎ | トップページ | 春夏秋冬そして春 »

コメント

rippleさん、はじめまして、薬師池公園の、大賀ハスをTB頂きありがとうございます。
薬師池公園のハスはどうでしょう、行く時期が早かったためか、蕾が少なかったですが、どうでしょう?
今年は羽村の方へ行ってみました。

投稿: sakura | 2005.07.21 19:24

sakuraさん、こんにちは、
花のあとにできるシャワー状の種鞘がまだ少なかったので、
これからまだたくさん花が咲くと思います。
やはり朝はやいほうがいいようですね。

投稿: ripple | 2005.07.22 11:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/5070553

この記事へのトラックバック一覧です: 大賀ハス:

» 薄紅色のロマンの香り・大賀はす  薬師池公園(町田市) [Flower Photo ]
昭和26年千葉県検見川近くの約2000年前(弥生時代)の遺跡から蓮の種が発見され、翌年開花に成功し,発見者である大賀一郎博士の姓をとって「大賀はす」と名付けられました。 ... [続きを読む]

受信: 2005.07.21 19:05

» 羽村市羽中4丁目水田の大賀はす [Flower Photo ]
水田のハス、主役は花です。 でも、葉の柔らかいウエーブ、水に映る影、水草もとても綺麗です。 [続きを読む]

受信: 2005.07.21 19:06

« みそはぎ | トップページ | 春夏秋冬そして春 »