« 大賀ハス | トップページ | 転送できません »

2005.07.20

春夏秋冬そして春

ビデオ屋「ゲオ」からDVDを3本借りてきた。韓国映画の『春夏秋冬そして春』と『おばあちゃんの家』と、中国映画『HERO』だ。さっそく韓流2本を見たが、どちらもいい映画だった。DVDはさすがに画質がいい。

春夏秋冬そして春』は、湖に浮かぶお寺での師匠と弟子の不思議な物語で、自然と人生の四季をオムニバス調にまとめたものだ。自然が美しい。台詞は少ないが、いのちの大切さ、欲望の落とし穴、こころの持ち方などを上手に描いている。一見の価値がある。

おばあちゃんの家』のほうは、聾唖のおばあちゃんと孫の関係を描いたものだ。都会の鼻持ちならぬ自己中の孫が、田舎のおばあちゃんに少しずつ心を開いていくという話だが、おばあちゃんの存在感が偉大である。これも台詞が少ないが、つぎつぎといろいろ語りかけてくる。なかなか考えさせる映画である。


« 大賀ハス | トップページ | 転送できません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/5071160

この記事へのトラックバック一覧です: 春夏秋冬そして春:

« 大賀ハス | トップページ | 転送できません »