« 堀江さん、帰港間近か | トップページ | バーレーン戦 »

2005.06.03

イレッサ2

イレッサで
肺癌が
縮んだ
いのちも
縮んだ

このあいだまで元気だった人が、あっという間に逝ってしまった。
イレッサは、腺がん、東洋人、女性、非喫煙者に効く傾向があるという。
知人は男性で、喫煙者だった。晩年は禁煙していた。

イレッサ1(3月28日)
イレッサ薬害被害者の会
がんよりこわいイレッサ

« 堀江さん、帰港間近か | トップページ | バーレーン戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イレッサ2:

» 苦しげな呼吸が気になる、間質性肺炎? [関西をこよなく愛する明石のタコ]
土曜日は足の痛み。 日曜日になって、お義父さんは全身の倦怠感を訴え、一日を寝て過ごしたらしい。 夜、会ってみると、呼吸が苦しそうで驚く。 医者の指示により、イレッサの副作用で出ていた間質性肺炎の薬(ステロイド)を 少しずつ減らし、21日の火曜日からは服用を止めている。そのため、数日間は 肺炎の症状が再発しても不思議ではない状態なのである。 「まぁ、ほんまにしんどいと思ったら明日でも病院行ってくるわ」 そう話すお義父さんの言�... [続きを読む]

受信: 2005.06.27 00:49

« 堀江さん、帰港間近か | トップページ | バーレーン戦 »