« 憂鬱の鬱 | トップページ | 新宿末広亭 »

2005.06.29

明治神宮の菖蒲園

はっきりしない空だが、梅雨らしいといえば梅雨らしい。花菖蒲が見ごろだというので、明治神宮に行った。小田急線の参宮橋駅で降りて、北門から神宮に入った。広葉樹が生い茂り、昼なのに夜のように暗い。うっそうとした森にはいろんな野鳥の声が聞こえる。広場の芝生の上ではツバメが舞っていた。

まず本殿にお参りをした。本殿の前の広場は思った以上に広い。学生のころ初詣に来たときは、真夜中、人混みに流されるように歩いたので、境内の様子などほとんど覚えていない。通訳ガイドのアルバイトをしているときにも来たことがあるが、昔のことなので忘れてしまった。

meijijingu001

明治神宮はゆっくり散策するとなかなか味わいのあるところだ。紅葉の時期もきれいだろう。入場料を500円払って、お目当ての菖蒲園に入る。睡蓮の池も見ごたえがあるが、やはり花菖蒲がきれいだ。谷間にのびる菖蒲田には、紫や白の花菖蒲が群生している。都会の真ん中にこんな場所があるなんて夢のようだ。街の騒音も聞こえず、文字通り都会のオアシスである。

東門を出ると、そこは原宿。話題の竹下通りなどを散策したあと、タクシーで新宿の「末広亭」に向かった。


« 憂鬱の鬱 | トップページ | 新宿末広亭 »

コメント

rippleさん

ずいぶん昔ですが、明治神宮の菖蒲園には行ったことがあります。
今は入園料が500円もするんですね。

明治神宮は、さすがに広大な境内がどこも良く手入れされていて気持ちいいです。初詣の混雑はチョット?ですが。

投稿: sanpomichi2005 | 2005.06.30 15:22

sanpomichi2005 さん、こんにちは、
梅雨の頃のあじさいや花菖蒲は乙ですね。
花菖蒲それぞれに名前がついていて立て札が立っていましたが、1本1本見るよりも群生しているのを楽しむほうがいいように思います。あんまり近くに寄ると、ちょっとグロテスクだったり、枯れかけた花が醜かったりして興ざめしますね。

投稿: ripple | 2005.06.30 16:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/4761846

この記事へのトラックバック一覧です: 明治神宮の菖蒲園:

« 憂鬱の鬱 | トップページ | 新宿末広亭 »