« カワウ | トップページ | 佐竹由美 »

2005.05.25

箱根

久しぶりに箱根に行った。小田急のロマンスカーに乗ったが、往復とも先頭車両だった。帰りは新型のロマンスカーだったので快適だった。線路沿いはずいぶん住宅が建て込んできたが、箱根に近づくと緑が多くなった。酒匂川沿いの田んぼはちょうど田植えの時期で、早苗が気持ちよさそうに並んでいた。

きのう、箱根湯本の日帰り温泉「ままね湯」を予約しておいた。ここは湯質がよく大学病院などでいろいろ研究しているそうだ。手打うどんとおにぎりの昼食もついて、個室で休憩できるのがいい。湯は熱めだったが、たしかに湯質はいいようだ。

hakone0061_3  hakone001

宿の裏山にはホウの花が咲いていた。いろんな野鳥の声が聞こえる。川辺を歩くと、ウグイスが鳴き、ツバメが舞っている。セキレイやキセキレイも見た。この時期、セキレイの囀りを聞くことができるが、なんともいえない澄んだきれいな声で鳴く。川辺の桑の実が黒く熟しているので試食してみた。甘ずっぱい懐かしい味が口に広がる。

箱根ベゴニア園

箱根湯本の駅前から無料の送迎バスに乗って、「箱根ベゴニア園」に行ってみた。ベゴニアなんてと軽く思っていたが、温室に入って、びっくり。球根ベゴニアの大輪に度肝を抜かれ、ランのような華麗な花に感嘆の声をあげた。バラのような、牡丹のような、シャクナゲのような、「これがベゴニアかよ」と思うような花ばかりで、とにかく驚いた。

hakone0042

オルゴールの小さな博物館

オルゴールの小さな博物館」もよかった。係員の解説つきである。手回しオルゴールなんか味がある。ピエロがアクロバットを演じるからくりオルゴールもあった。でっかいジュークボックスのようなやつもあり、コインを入れると円盤がせり上がり、「埴生の宿」を演奏してくれた。それもまるでオーケストラだった。

hakone0050_2圧巻はピアノの自動演奏だ。スタインウェイのグランドピアノがボレロを全曲演奏してくれた。ところどころ音程がずれていたが、まるで生演奏を聞いているようで、思わず拍手をしてしまった。デジタルは何もかもきちんと弾きすぎてしまうが、アナログには何ともいえない人間臭さがあっていい。蓄音機のない時代、著名なピアニストはこのようなロール紙に演奏を記録したそうだ。

« カワウ | トップページ | 佐竹由美 »

コメント

おはようございます。
し、新型ロマンスカーに乗られたのですか?
めちゃめちゃうらやましいです。
あのドア。あのシート。なにより先頭シート
なんて。いいなぁ。
箱根は車でいきますが、ベコニア園いいですよね。その隣の日帰り温泉一度行きました。
露天風呂はいいですよね。

投稿: 多摩区の梨 | 2005.05.28 11:35

多摩区の梨さん、こんにちは、
ぐうぜん、帰りに乗った電車がスーパーロマンスカーだったのです。町田に停車するやつです。新しいので揺れがすくなく快適でした。左右の座席が窓のほうに5度向いているそうです。写真で、上のコンパートメントに運転士が座っているのです。尼崎の事故があるので、ほんのすこしだけ、スリルがありました。(^_^;)

投稿: ripple | 2005.05.28 12:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根:

» 箱根登山電車「夜のあじさい号」に乗る [ラジオを聴きながら]
行きは大平台で途中下車したりしながら強羅まで普通の電車に乗りました。 傘は持ち歩 [続きを読む]

受信: 2005.07.05 10:10

« カワウ | トップページ | 佐竹由美 »