« ひとつ | トップページ | 山の藤 »

2005.05.09

オニタビラコ

うちの駐車場のわきに、やたらに首の長い野草が花を咲かせている。高さは1m以上ある。じつはよく見る花で、草取りのときは雑草として抜いてしまうが、じっくりみるとなかなかきれいな花である。タンポポに似た葉が地面にひっつくように広がっている。

きょう知人のホームページで、この花の名前がオニタビラコであると知った。初耳である。漢字で鬼田平子と書く。タビラコはキク科で、田んぼに平たく張り付くので田平子と呼ぶそうだ。オニタビラコは特に大きいのでこの名がついたという。

ひょっとすると、小さい頃ヘビタンポポと言っていたものではないかと思い、インターネットで検索してみたが1つもヒットしなかった。山野草というか、雑草というか、そういうたぐいの植物の名前にはうとい。関心がないので、目にしても見てはいないのだ。

春の黄色い花


« ひとつ | トップページ | 山の藤 »

コメント

rippleさん、トラックバックありがとうございます。
オニタビラコは茎が真っ直ぐ、なんでこんなに長くなるのだろう?と不思議ですよね。
名前に似合わず可憐な花(雑草)です。

投稿: 信伍 | 2005.05.09 19:57

きょう近所の塀で見つけたオニタビラコを写真に撮りましたが、曇り空なのでパッとしません。田平子という名前が気に入りました。

投稿: ripple | 2005.05.10 14:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/4053460

この記事へのトラックバック一覧です: オニタビラコ:

» 我が家の雑草 [      おろかな日々]
タンポポかと思っていたら急に茎が伸び始め、60センチ以上になり咲いたオニタビラ [続きを読む]

受信: 2005.05.09 19:50

« ひとつ | トップページ | 山の藤 »