« カラス | トップページ | コゲラ »

2005.04.28

肩がうずく

60代後半の女性が、肩の痛みで治療にみえた。坐骨神経痛で1年近く整形外科に通っていたが、いつも右肩を下にして寝てばかりいたので右肩が疼くようになってしまったという。ま、五十肩に似た症例である。

骨盤を検査すると、左側がはっきり前屈している。それをカウンターストレインで矯正した。右肩はどの方向に動かしても痛がるので、とりあえず痛むところに針を打ち、それから温灸をした。患部が冷えていたからだ。

2度目に来たとき、坐骨神経痛はずいぶんらくになっていた。短い時間なら、左を下にして寝てもだいじょうぶ。だが、まだ肩は痛む。そこで胸椎や頚椎の治療を加えた。

きょう3度目の治療をした。もう一度肩甲骨を検査してみると、左は肉付きがいいが右はかなりやせている。右の肩甲骨を覆う筋肉が萎縮して、かたく、平べったい。長いあいだ右肩を下にして寝ていたので血行障害を起こし、筋肉がやせてしまったのだ。右肩が痛くて使えないので不用性萎縮も起こっている。

肩甲骨の筋肉(棘下筋など)に針を刺し、低周波通電をおこなう。筋肉がリズミカルに動くから神経マヒはないようだ。このポンプ作用で物理的に血行をよくし、萎縮した筋肉をやわらげれば痛みは取れるだろう。この患者さんは痛みがあるからまだいい。以前、前腕がだらんとなって感覚がなくなった人がいたが、この低周波治療で治癒している。

« カラス | トップページ | コゲラ »

コメント

コメントありがとうございます。接骨院おやりなんですか? 私の甥も西小山で先日接骨院を開業しました。彼は大学生の時に資格を取得し、大本山永平寺でお坊さんの修行をして帰ってから本格的に始めたようです。
今朝は二子玉川~等々力渓谷~尾山台~田園調布~二子玉川の約16キロを気持ちよくジョギングしてきました。久しぶりだったので、最後左足に違和感があり、残り2キロはウオーキングで帰りました。
また、私どもへおいで下さい。お待ちしております。

投稿: のんちゃん | 2005.04.29 11:13

こんにちは、書き込みありがとうございます。
はりきゅう師です。針灸師もも変わった経歴の持ち主が多いですよ。禅宗ならヴィパッサナー瞑想をご存知かもしれませんね。
小さいとき、よく二子玉川の遊園地に遊びに行きました。高津に住んでいたもので。それなのに等々力渓谷へはまだ行ったことがありません。こんど行ってみたいと思います。

投稿: ripple | 2005.04.30 12:50

はじめまして。
百楽天と申します。
ブログは最近知りました。
五行歌では古株の一人になってしまいました。

さて、鍼灸については、とても興味があるし、これは鍼治療したほうがいい、と思えば、友人の鍼灸師にお願いすることもあります。

そのほか医師、薬剤師、看護士など、友人には医療関係者が多いので何かと便利(?)です。
友人の歯科医には鍼麻酔を実際に使っている者もいます。

忠臣蔵に関する連載を書いたことが縁で、杉山和一の末裔の方にお会いしたこともあります。

鍼治療について、またいろいろ書いてください。楽しみにしています。


岩屋のなかの
御神体
人頭蛇身の
微笑に
ぞっとする


これは、東京都墨田区にある江島杉山神社にある岩屋の弁才天を見たときに、作ったものです。
徳川五代将軍綱吉から宅地と弁才天の像を賜ったとされる杉山検校。江ノ島の弁才天を信仰していたことから江ノ島にならって作った岩屋に弁才天が祀った。
史料に書かれていたことを確かめたいと思って行ってみてびっくり。

「人頭蛇身の/御神体」は、宇賀神。
弁才天は、記紀に出てくる市杵嶋姫とも、宇賀神とも同一視され、のちには稲荷信仰にもつながっていたということを知りました。
杉山和一から日本の民間信仰の歴史的な流れを知ることができたのも、何かの縁だと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿: 百楽天 | 2005.05.02 20:54

百楽天さま、コメントありがとうございます。
一回見たら忘れないネーミングですね。うまい。

わたしは寡作なので、本部の掲示板だけに少しずつ五行歌を書いていましたが、検索大全集なんていうのがあるのを知り、「挨拶通り」の仲間に入れてもらうことにしました。

江島杉山神社とは懐かしい。浅草橋の神戸源蔵という鍼師のお世話で、仲間と「鍼道同志会」というのを作り、この神社で月1回勉強会をしていたことがあります。残念ながら岩屋の彫り物は覚えていません。江ノ島の弁天様も見に行ったのですが覚えていません。こんど行ったとき確認してみます。

杉山和一は夢のお告げで、鍼を刺すときに管(くだ)を使うとほとんど無痛で刺せるということを知ったといわれています。細い鍼を曲げず、無痛で刺せるのは彼のおかげです。どういうわけか、管鍼は中国ではあまり普及していません。

また、遊びに来てください。

投稿: ripple | 2005.05.05 15:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肩がうずく:

» はじめに [管理人さん いらっしゃ〜い]
 ようこそお越しくださいました。  百楽天と申します。 「自分のサイトを持ちたい」と思い続けていた人が、念願のパソコンをゲットした。HTMLなどという宇宙語みたいなものと格闘しながら、 「ヤッター!」     ウェブサイトができた     オーナーで     マスターで     ここから全世界に情報発信できるのだ  こんな喜び... [続きを読む]

受信: 2005.05.02 20:56

« カラス | トップページ | コゲラ »