« 濡れマスク | トップページ | カワセミ »

2005.03.18

時を守る

先日ふれたように、森信三先生は「腰を立てる」ことの大切さを説いている。
よい姿勢がよい心を育てる、ということを教えている。

森信三先生は、同時に教育の三原則を説いている。
子供にはこれさえ教えれば、あとは自然にうまくいくというのである。

   1.時を守る
   2.場を浄める
   3.礼を正す

時を守るとは、朝きちんと起きる、約束の時間を守る、といったこと。
場をきよめるとは、スリッパをそろえる、整理整頓をする、といったこと。
礼を正すとは、あいさつをする、礼状を出す、といったことだ。

これだけのことをきちんと身につければ、こまることはない。
時間・空間・人間の領域で、けじめをつけることが大切だという。
やさしいことだが、実行できている人は少ない。


« 濡れマスク | トップページ | カワセミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27397/3345597

この記事へのトラックバック一覧です: 時を守る:

« 濡れマスク | トップページ | カワセミ »