« 楽で便利は脳がにぶる | トップページ | 時を守る »

2005.03.18

濡れマスク

あさ寿福寺にお墓参りに行った。暖かい。うちの庭で採ったラッパ水仙の黄色があざやかだ。ツピーツピーと、シジュウカラの鳴き声が春の空に響いている。

スギ花粉が飛んでいる。去年の30倍だというから半端じゃない。きのうは治療室に着いたころ、くしゃみがひどかった。マスクをしないで自転車に乗ってきたからだろう。きょうは昼ごろ、目がかゆくなり、鼻水が止まらなくなった。しかし、ある時間たつとそれがピタッと止まったりする。花粉の飛散時間や風向きなどに影響されるのだろうか。

kyunyuki症状がひどいときは濡れマスクをすると楽になる。普通のガーゼのマスクを水に濡らし、水が垂れない程度に絞り、それを掛けるのである。最初冷たいがすぐ温まる。鼻腔が湿って粘液で花粉をまるめこむことができる。ユニチャームのからす天狗みたいなマスクも買ってあるが、まだ使ってない。そのうち世話になるだろう。

それから吸入器で鼻を洗浄している。スカイナーの鼻専用の吸入器(写真)だが、これを使うと鼻が通る。ときどきフィルターを換えるだけで、もう10年ぐらい使っている。

症状がひどいときは剤盛堂のホノビエン錠をのむぐらいでしのいでいる。ま、一ヶ月ほど辛抱すれば済むことだ。

« 楽で便利は脳がにぶる | トップページ | 時を守る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 濡れマスク:

« 楽で便利は脳がにぶる | トップページ | 時を守る »