« モズ | トップページ | 腕のしびれ »

2005.01.14

せいのかみ

あさ7時半ごろ、門松やお飾りをもって、お焚きあげの場所に行った。昔から「せいのかみ」と呼んでいる行事だが、正しくは「さいのかみ」らしい。どんど焼きともいう。小正月(1月15日)に村境で燃やすものらしいが、土渕では昔から1月14日に行われている。以前は15日が成人式だったからかもしれない。最近ではプラスチックの飾り物などが増え、そういうものは燃やすと有害なので、あらかじめ取り外すことになっている。一口いただいたお神酒が腹にしみる。

昼休みに枡形の氏神様にお参りをしてきた。京子は元日に行っているが、わたしはまだだった。神楽殿が修復されて、新しいアルミの雨戸がついている。階段の手すりも新しくなっていた。少し回り道をして往復40分ほどあるいたら、歩数計のカウンタは2800ほど進んでいた。しっかり歩数は約1600。このペースだと、一万歩あるくのに2時間以上かかることになる。

« モズ | トップページ | 腕のしびれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: せいのかみ:

« モズ | トップページ | 腕のしびれ »