2020.01.25

「たまりばーる」閉店

P1240354-640x442
久地のオーガニックカフェ「たまりばーる」が、あしたで閉店する。それで一日前のきょう最後の昼食に行った。すべて悦ちゃんママが食材を厳選し、心を込めて手づくりしたものなので味わい深い。こういう店がなくなってしまうのは実に残念なことである。

①じゃがいもの揚げ煮
②切り干し大根の七福炒めなます
③菜花のおひたし
④きぬかつぎ
⑤だし巻き玉子
⑥ブロッコリーと南瓜の白和え
⑦ご飯のお供
⑧白菜柚子昆布漬け
⑨白小豆ヨーグルト
⑩あおさ海苔のおすまし

P1240357-640x480 
今日は閉店前日とあって、たくさんのお客さんがいた。ママさん一人ではたいへんなので、お客さんが手伝っている。ママの人柄だろう。親の介護のために大阪に帰ることになったという。向こうでも将来、同じような店をやるのかな。とにかく無理をせず、からだをいたわりながらやってもらいたい。

| コメント (0)

2020.01.24

河津桜@鎌倉

Kawazusakura-530x384  鎌倉宮のカワヅサクラ満開

知人のメールに添付されていた写真。鎌倉宮の鳥居のわきの河津桜が満開だそうだ。平年より1か月早い。暖冬で白菜やキャベツの値段が暴落していて、農家は豊作貧乏の危機にさらされているとか。今日も3月の陽気とかで暖かい。暖冬の年は冷夏という説もあるが、オリンピックのときだけでも涼しいといいのだが。

寒いより
暖かいほうが
いいけれど
冬はそれなりに
寒くていいい

| コメント (2)

2020.01.23

23日は月次祭

20代から50代ごろまで、私はある神道系の宗教団体に属していた。天理教の分かれと言ってもいい。最初は叔母がやっていて、私は運転手としてよく叔母を巣鴨の教会まで送った。はじめは「よく当たる」おがみ屋さんぐらいに思っていたが、自分の悩みなどを神様におたずねするようになり、だんだん深入りして行った。

教会で相談内容を告げると、先生(神主)が祭壇に向かって手を合わせて祈る。すると、その先生に神様が降りて、先生を通していろいろと回答してくれる。十天上大神、甘露台母神、根株祖神、不動明王など、時に応じていろんな神様が降りてくる。占いのような一面もあるが、日々の生活態度を指摘されたりするから、生き方を教わる場所であると言っていい。

やがて、巣鴨教会の月次祭(つきなみさい)や本部の月次祭、団参などにも行くようになった。妻の母の実家が天理教をやっており、妻も自然に巣鴨の教会へ行くようになった。毎月23日は本部の月次祭なので、それにも通う。本部は愛知県の三好市にあるから遠い。新幹線で名古屋まで行って、地下鉄で豊田のほうに少し戻る。車だと東名を走り、豊田インターを出て10分ぐらいのところだ。5時間ぐらいはかかる。

20年あまり、教会の月次祭、本部の月次祭、年3回の本部の大祭などに足を運んだ。そのつど神の思惑に合った生き方というものを教わり、それが私の生き方の土台となっていったように思う。50代後半になって、いろんな事情で縁が遠くなったが、そのころ教わったことは忘れていない。

23日というと一般には「ふみの日」が有名だが、われわれにとっては本部の月次祭のほうが心に強く響く。

神と呼ぼうと
何と呼ぼうと勝手だが
そういう力が
この宇宙を存在させているのは
まちがいない

| コメント (0)

2020.01.22

しんゆり歌会(1月)

若い内は           良元(一席)
何にでも挑戦しろ
叱咤した孫が
紫の髪にピアス揺らして
表れた・・・!

ふるさとは          えんみ(二席)
今日も雪降りだべが
たるひも長ーくなったべな
庭椿いちりん描いて
幼馴染に寒中見舞い

年末年始9連休        冨樫(三席)
5日働き3連休
なんかお休み多くない?
赤面する
カレンダー

鎌倉の            有水(三席)
冬牡丹
アイドルのように
スマホ向けられ
こちこちに咲く

お正月の陽光         熊田
全身に浴びて
わが人生は
ただ一度だけ
あと何年かを考える

いよいよ           澤田
東京五輪の年
南海トラフの大暴れと
重ならないようと
祈る まじに

まだ食べられる食品を     京子
どんどん
廃棄する
自給率
三十七パーセントの国

書いたとたん         リプル
違う
と思うことがある
ことば選びは
むずかしい

| コメント (0)

2020.01.21

その気になれば

Kareajisai

その気になれば
枯れたアジサイも
道端のナズナも
観察の
対象になる 

| コメント (0)

2020.01.20

八重のつばき

P1240277-640x479

八重の桜という
大河ドラマがあったが
こちらは
八重の椿
ピンクが可愛い

| コメント (2)

2020.01.19

梅林の水仙

P1240289-640x480 
梅林に
水仙咲く
小走りしては
胸を張る
ツグミ

| コメント (0)

2020.01.18

風花舞う

夜中に雪が降り始めるという予報ははずれ、朝は霧雨。箱根や河口湖あたりは雪で、チェーンが必要らしい。昼近くになって風花が舞うような雪になったが、積もりそうもない。ただ、かなり寒く、今日の最高気温は5℃ぐらいらしい。

スキー場は雪不足で商売にならないらしいから、そっちにはどんどん降ってあげればいいのに。そんなこと言うと、ドカンと降ったりするかな。きのう蔵王で女子ジャンプのワールドカップ大会があり、高梨沙羅選手が2位入賞。今年はじめての表彰台に立った。そこでもジャンプ台に雪がなく、トラック500台ぶんの雪を運んだとか言っていた。

きのうは、阪神大震災から25年目だった。もう25年も経ったのかと驚く。東日本大震災、地震、水害など、平成は災害の多い年だった。令和の年が戦争も災害も無いことを祈るばかりである。

いつきても
おかしくないという
首都直下型地震
やはり
ふつうは奇跡なのだ

| コメント (4)

2020.01.17

杉ぼっくり

P1240272-640x480
ヒマラヤスギの実

生田緑地西口にビジターセンターのサテライトがある。そこにいろんな木の実が展示してあった。松ぼっくりやら、どんぐりやら、鈴懸やら。写真はヒマラヤスギの実だという。パッと見、黒いバラのドライフラワーのように見える。私はもっと大きな実だと思っていたが、それはどうやらドイツトーヒという木の実だったらしい。

黒いバラの花が
そのまま乾燥して
固まったみたい
ヒマラヤスギボックリ
見惚れちゃうよ

| コメント (2)

2020.01.16

医療費の計算

妻が確定申告のため、医療費の計算をしてくれた。私は9月に脳梗塞で二週間あまり入院したので、いつもの年より高額になった。だから改めて、国民健康保険のありがたさを感じた。というより、健康ほどありがたいものはない、ということを知らされた。

たまにしか
使わない
エクセルに
何度も
つまずく

| コメント (0)

«お帰り、寅さん!