2022.05.19

アルストロメリア

P1060583-2

妻が
種から育てた
アルストロメリアが
咲いた
とても感激している

私は
関与していないから
それほどでもない
舌を噛みそうな名前だな
なんて思う

自衛隊は違憲だが
攻められたら
活用しよう
共産党が
現実的になった

| コメント (0)

2022.05.18

サツキ満開

P1060590-2

さつきの花が満開だ。何十年も前に叔父が植えてくれたものだが、名前は忘れた。ネットで調べると金菜というサツキのいっ1種かもしれない。自分で剪定したいたが、あまりうまく咲かず、去年、植木屋さんに剪定してもらったら今年はみごとに満開だ。

日が照って少し暑かったが、休みの日なので庭仕事をした。椿2本、梅2本、スダチの新芽などを剪定した。強く剪定したので、ゴミ袋が破けないように、太めの枝は小さく切った。剪定の仕事は半分が後片付けになる。それでも立って剪定し、椅子に座って太めの枝を短くするので、あまり腰は痛くなかった。適当に休み、水を補給しているのがいいのかな。

まだ、エンドウとスナップエンドウが採れる。すこしひねてきたが、それでも甘い。妻が工夫していろんな料理をつくり、毎食たべている。ニラやアスパラガスも採れる。ありがたいことだ。ただ、この時期、雑草の伸びもすさまじい。農家の仕事は半分が草取りだ。マルチや防草シート、狩り払いエンジンも農薬もない時代、ご先祖様は大変な苦労をされただろうなと思う。

マリウポリの製鉄所の地下に頑張っていたウクライナ兵たちは、ついに投降したらしい。しかし、欧米支援を受けたウクライナ軍の反撃は続いているようだ。ロシアの殺戮は目にあまるが、ロシア兵の犠牲も多い。戦争は破壊しかもたらさない。

独裁者は
死者の怨念に
さいなまれ
生者の生き霊に
苦しむ

| コメント (0)

2022.05.17

バラの家

P1060567-2

バラの花いっぱいの
レンガの家
「どなたでもご覧ください」と
手書きの札
バラがニコニコ笑う

庭も
いろんなバラで
色とりどり
見てください
見てください

| コメント (0)

2022.05.16

トチノキの花

P1060541-2

けさ、自転車で来るとき、柏葉アジサイが咲いていた、小さな赤ちゃんアジサイも見た。これはきのう、見つけたトチノキの赤花だ。白花もきれいだが、そばにはなかった。マロニエの仲間だが、パリのマロニエとはちょっと違うらしい。

木の花も
いいのがあるが
高いところに咲き
一般に地味なので
気がつかない

きのうは
沖縄返還50年
戦争の犠牲の島だが
米軍がまだいるので
問題が多い

祝う気になれない
という人たちもいる
私は52年前に行ったが
セントがシェン
それがセン(銭)に聞こえた

| コメント (0)

2022.05.15

ローマの休日

曇りで涼しい日曜日だ。3時ごろから生垣の刈り込みをした。例のヘッジトリマーで刈るのでらくだが、やはり腕が疲れる。ツゲや小笹などを刈って行く。けっこう大きな音がするので、日曜の朝などにやることはできない。刈った葉っぱや小枝は70リットルの袋3つ分になった。雨が降りだしたのでやめた。生垣も床屋さんをすると喜んでいる。

エンジェルスの大谷翔平がメジャーで100本目のホームランを打ったそうだ。とうとう打ったか。

録画しておいた番組をいろいろ見た。「笑点」に立川志らくが出て来たのには驚いた。円楽の代わりらしい。なかなか洒落がうまい。短歌、俳句も面白かった。ロシア・ウクライナ戦争は港着状態らしい。

風呂から出て、『ローマの休日』を見初めてしまった。何度か見た映画だが、吹き替えが新しいらしい。オードリー・ヘップバーンとグレゴリー・ペックのコンビは最高だな。ヘップバーンの魅力にはまいってしまう。白黒なのに新鮮な感じて見なおした。ストーリーも忘れているところが多かった。寝るのは11時を過ぎてしまった。

Roma
ネットより拝借しました

| コメント (4)

2022.05.14

メディック体験

11日の歌会の帰りに、友立ちに誘われて、生田駅のゆりストアのうえで、メディックという電位治療の体験をした。友だちはその日が50回目だそうだ。からだ全体が元気になったし、膝も痛くなくなったという。

絶縁シートを敷いた上に椅子6つ置かれ、そこに座ると座布団を介して微細な高電圧がからだを流れるという。座ったとたん、私の左右のふくらはぎが軽くビリビリするので驚いた。座布団は温かくなるらしく温熱治療もかねているらしい。担当者は若い男性で、非常に丁寧に説明をする。

今日、午後4時ごろ、妻と2度目の体験に行ってきた。日曜が休みで、その場所で開催しているうちは何度行っても無料だという。むかし、叔父や叔母がヘルストロンという似たような器械を使ったいたので、ちょっと続けてみようと思ったかのだ。もちろん、主催者側は器械を売りたいのだろうが、そんなことはおくびにも出さず、血流がよくなり、いろんな病気に有効であることを説明している。買うとなると、そうとう高額なものに違いない。

最後に、ひとり1か所、患部につよい刺激をするというから、背中の10番が交通事故で打ったところだから、そこにやってもらった。これがチクチクと針で刺されるような強い刺激で驚いた。何度か来ている人の中には、これをパスする人がいた。私もこんな痛いんならやらなくてもいいと思ったが、だんだん痛くなくなるという。

生田のゆりストアまでは登り下りがある。それを日の照る中、往復歩いたので、いい運動はになった。気温はそれほど高くなかったのがよかった。生田浄水場はサッカーの川崎フロンターレの練習場や、複合スポーツ施設ができるようで、その工事がすすんでいた。

物質は
原子、素粒子から
できている
電位治療について
もう少し勉強しよう

| コメント (0)

2022.05.13

小判草

P1060523
小判草

小判のように
見えるから
小判草
越後屋は
大判だろうな

小判草は
枯れてくると
草鞋のように
なってしまう
わらじ草だ

| コメント (0)

2022.05.12

真向法体操

私は毎朝起きるとき、ベッドの上で体操をしている。たまにラジオ体操を加える。

お尻転がし
まず、うつ伏せになり、お尻転がしを100回から200回ぐらいやる。お尻を左右に振るのであるが、力を抜いてお尻の肉の重さで転がすという感じだ。100回といっても、1秒間に2往復できるから、50秒ほどである。だから200回お尻を転がしても2分弱である。それを終えたら、からだを大きく反らして戻す。

足首ほぐし
つぎに掛け布団をはいで、うつ伏せのまま膝をほぼ直角に曲げ、足首ほぐしの体操をする。両足の指を曲げ伸ばし10回、足首の屈伸10回、足首の内回しと外回しを10回ずつ行う。それから仰向けになる。

下肢内旋運動
仰向けで両足を肩幅より少し広く開き、リズミカルに内側に10回ほど倒す。ももの内側の筋肉と股関節の運動である。それから、良足を寄せて、膝を伸ばしたまま、かかとを左右交互に10回ほど踏む運動をして、仙腸関節をゆるめる。

膝かかえと腰ひねり
つぎに片方ずつ膝を胸まで抱えこむ。それから両足を伸ばし片膝を立て、その膝を反対側の足のほうに5回ぐらい倒す。これでだいたい体がほぐれるので、真向法に移る。

真向法体操
これは4種類の股関節を主にした体操である。コツは腰を立て、足首を反らせてから始める。最初の3つの体操は10回ずつ2セット。最後の第4体操は、正座をしてから両足首を少し開き、ゆっくり後ろにたおれ、万歳をして1,2分ほど休む。膝を片方ずつ立てて伸ばし、これでおしまい。真向法協会ではいろんな補助体操をするが、メインはこの4つだけである。はじめは自分のからだが硬いのに驚くが、続けていけばやわらかくなる。

真向法体操の動画

 

| コメント (2)

2022.05.11

しんゆり五行歌会(5月)

「船はもう沈む            熊田(1席) 知床の事故
  今までありがとう」
夫婦最後の
切ない愛の会話に
心が痛む

追いつけないのに           浅井(2席)
前を行く
チビちゃんと
走りたくなる
春の散歩

ゴールデンウイークに         澤田(3席)
山は膨張する
新緑の爆発
その響きが聞こえる時も・・・
圧倒されてしまう

二か月ぶりに             良元     ウクライナ戦の避難者
太陽の光を浴びた
クリクリ目玉のあかん坊
この世の悲惨さはまだ知らない
神々しい

ウクライナにも            内藤
忠犬ハチ公
主人が殺されたことも知らず
玄関前で
じっと待ち続けている

昭和の日に              京子
昭和の歌三昧
わかりやすい歌詞
歌いやすいメロディー
これぞ昭和の歌だ

露出度の高い             リプル
女性には
つい目が行く
これはもう
どうしようもない

| コメント (0)

2022.05.10

ムギセンノウ

P1060465-3
麦仙翁(ムギセンノウ)

新川(ニカ領本川)の堤には、ところどころ花が植えられている。官地だが、花好きの人が勝手に植えているのだろう。その中に珍しい花を見つけた。ヨーロッパでは麦畑に生える雑草だそうだが、かわいい花だ。まわりには白や青の矢車菊も咲いている。

きのうはロシアの対独戦勝記念日で、プーチンが10分間ほど演説をした。ナチスドイツに勝った話はいい。しかし目下の戦争、ウクライナ侵攻についてはあいまいで、嘘が多い。ネオナチを壊滅させるという話だが、そのためにウクライナに侵略し、都市を破壊し、大量虐殺をする理由が分からない。大ロシア時代への回帰の思いが強いのだろうか。演説には迫力がなく、戸惑いすら感じた。

きのうもウクライナの学校に避難していた人たちが爆撃で60人も死んだという。プーチンはこの先ずっと、殺戮された人たちの怨念や、関係者の生き霊にさいなまれることだろう。哀れにすら思う。

| コメント (0)

2022.05.09

筋活

たまたまYoutubeで講演とそれに基づいた体操を見たが、とても役に立ちそうなのでそれを載せておく。

筋活で伸ばす健康寿命 順天堂大学の町田修一先生

戦後の糖尿病や動脈硬化の増加曲線は、トヨタ自動車の売り上げとだいたい同じである。つまり座ってばかりいて歩かなくなったことで、筋肉がおとろえて、さまざまな病気の引き金となっている。今からでも遅くないから筋活を始めよう。

 

さくら10分間筋活体操

千葉県佐倉市と順天堂大学が協力してつくった10分間筋活体操の実演。準備体操3種と4つの体操であり、続ければ必ず脚力がつく。それらは①ランジ:足を前後してスクワット ②ショルダープレス:腕上げ ③スクワット ④椅子での腹筋体操。

 

P1060493-2
①手を腰にあて、足を前後にして図のようにスクワットする。
3秒かけておろし、3秒かけて戻る。1分休憩をはさみ、片足10回ずつ。

 

P1060499-2
②腕上げ、重いものを押し上げるように腕を上げる。

 

P1060503-2
③スクワット。足は型幅に開き、手を前に伸ばし、お尻を後ろに引くようにしてひざを曲げ、ももが水平になるくらいまでスクワットする。

 

P1060506-2
椅子に浅く座り、ゆっくり背もたれまで倒れ、ゆっくり起こす。

| コメント (0)

2022.05.08

いちごみるく

P1060484-2
チェリーセージ

チェリーセージが咲いて、いい香りを漂わせている。妻はこれを「いちごみるく」と呼んでいる。そんな名前もあるらしい。二つの花がくっついて咲いているのでかわいい。寒いと赤く、暑くなると白くなるという。ま、そんな色の変化も楽しめる。ソーセージのセージもこの種のハーブのことだ。肉類の保存に効くらしい。

庭にスギナやハマスゲが生えて困る。以前、土が酸性だとスギナが出やすいと聞いた。ハマスゲも同じだろう。そう思って、午後はそれらを取ったあと消石灰を撒いた。生石灰のほうがいいのかもしれないが、同じ石灰だから効くだろう。

スギナもハマスゲも地下茎でつながっているので、まず鎌で深めに掘りながら抜き取り、その上に消石灰を撒いて土をかき回しておいた。しゃがむことが多いので、ふくらはぎを傷めないように椅子に座ってやった。曇り日なので汗をかかないから仕事がすすむ。まだ全部に撒いたわけじゃないが、その効果が出ることをいのるばかりだ。

チェリーセージは
いちごみるくとも
呼ぶらしい
なるほど
うまい名前だ

| コメント (0)

2022.05.07

白いシラン

P1060393-2

白いシランもすっきりしていていい。こちらも強く、どんどん増える。
天気予報では昼間ところにより雨ということだったが、かまわず自転車で来た。けっきょく、雨はまったく降らなかった。この時期の気まぐれな天気は予想がむずかしいのだろう。木の芽時なので、自律神経も忙しそうで、からだがだるい。

ロシアはウクライナ東部の製鉄所を攻撃しているが、かなり抵抗も激しいようだ。国連の仲介で人道回廊をつくり、数百人が脱出したが、その間もミサイル攻撃は続いているようだ。指揮命令系統がうまく働いていないのかもしれない。ロシア軍の将校も多数戦死しているようだ。それで、国の最大の行事である対独戦勝記念日(5月9日)も外国の賓客は招かず、規模を縮小するという。祝いどころじゃないのだ。

季節は
いつものように巡る
プーチンよ
むごい戦争をやめ
いつもの暮らしを返せ

| コメント (0)

2022.05.06

五行歌誌5月号・投稿歌

古いお寺には
大木がある
ぬくもりがある
ずっと
居たくなるような

映画「ひまわり」を
思い出す
ウクライナの戦場にも
やがてまた
ひまわりが咲くのだろうか

兵士にも
母があり
愛する人たちがいる
もう
殺し合いはたくさんだ

叔母は九十二歳だった
家族葬はいい
しんみりと
ていねいに
お別れできる

いつも遅れるバスが
時間通りに来た
こんな
ささいなことも
嬉しい

点字ブロックは
盲人のいのち綱
スマホ人よ
もっと気を使え
邪魔をするな

| コメント (0)

2022.05.05

シラン

P1060401-2
紫蘭、つよい花でどんどん増えます。

今日は子供の日だから、どこも混んでいると思い庭仕事をした。3日に草取りをしていたら、左のふくらはぎを傷めたので、今日は風呂場の椅子を使って、なるべく膝に体重をかけないようにした。三角のじょれんを使って立って草を取ったり、暑いので日差しを避けて仕事をした。まったく草はよく伸びる。

昼食後、一休みしてから、生垣の刈り込みをした。南側は去年やったので今年はパス。東側がちょうど日陰になるので、そちらを電動のヘッジトリマーで刈った。こちらは2年たつので本サカキの枝がかなり伸びている。はじめは、のんびり手で刈り込もうと思ったが、やはり機械は速い。去年買ったアイリスオーヤマのトリマーは一見チャチだが、軽くてよく切れる。

アシナガバチが2匹飛んでいた。巣を作る場所を探しているらしいが、機械の音で逃げた。一匹オオスズメバチも飛んで来た。彼らも巣をつくる場所が少なくなって大変だろう。子供の頃、アシナガバチの巣を焼き落として、中の幼虫を取り出し、フライパンで炒って食べたが、あれはうまかった。そのぶん、けっこう蜂に刺された。

刈ったあとは掃除だ。葉っぱを熊手で掃き寄せる。70リットルのゴミ袋4つになった。大きめの袋だと余裕があるので、ビニール袋を小枝などで破くことがない。風がなかったので、葉っぱが飛ばなくてよかった。道具を片付けて終了。今日はよく眠れそう。

生垣の
刈り込みは
床屋さんと同じ
さっぱりした
ことだろう

| コメント (0)

2022.05.04

新宿御苑のユリノキ

いい天気なので、どこかに行きたくなった。江の島、鎌倉、横浜は混むだろうし、生田緑地か昭和記念公園か。それとも谷根千か。けっきょく、久しぶりに新宿御苑に行くことにした。シンボルツリーのユリノキの大木を見て見たくなったのだ。花も見ごろだろう。あそこなら広いし、ゆっくりくつろげる。

昭和の日(29日)とみどりの日(5月4日)は入場無料だそうだ。ラッキー。ここは本当に緑がいっぱいである。最初にレストラン「ユリノキ」に入ってコーヒーでも飲もうとしたが、並んでいたのでスルー。それで和風庭園のほうに向かった。新宿の高層ビルが近いのに案外静かだ。新緑なので、緑も濃淡が豊かで美しい。白っぽいのは木の花かもしれない。シャガがあちこちに咲いている。ツツジはも終わりで、ところどころシャクナゲが咲いていた。お茶室は閉鎖中だった。

P1060420-2

中央の芝生広場に行くと、お目当てのユリノキの巨木が立っていた。1本だと思ったが3本が寄せ植えになっている。それが40m近くまで伸び、数千の花をつけている。花は薄緑がかかったクリーム色で、下のほうにオレンジ色の模様が花を囲むように飾りつけられている。チューリップににている。地味な花だし高いところに咲いているのできがつかない人が多いが、三脚を立てているマニアもいる。

P1060426-2
ユリノキの花

P1060450-2
新宿御苑のシンボルツリー・ユリノキ

P1060440-2

上を見て20枚ぐらい写真を撮ったがさすがに首が痛くなる。そこで用意してきた小さなマットを敷き、腰をおろした。それから寝転ぶとさらにユリノキの花が満喫できる。落ち着いてから、途中で買ってきた天むすを妻と食べる。天むすは名古屋に通っていたときからの好物で小田急デパートの地下で買ったのだ。竹の皮で包んでおり、プラゴミがないのでいい。飲み物はお茶と水。

午後になるとだんだん人が増えてきた。今回は初めて温室に入ってみた。気温がそれほど高くないので温室といっても汗をかくほどではない。南国の植物は大きく派手なものが多いが、とにかく変わったものがある。睡蓮などを見るとホッとする。もうすぐバラや紫陽花の季節になる。コロナが収まればまたいろんなイベントも復活するだろう。

新宿御苑 | 一般財団法人国民公園協会 (fng.or.jp)

| コメント (2)

2022.05.03

ジャーマンアイリス

P1060462-2
ジャーマンアイリス

要するに、ドイツ菖蒲といいうことだ。コンデジで撮ったので白飛びを起こしていて、花びらがよくわからない。菖蒲田のように水を張らなくてもいいから、アヤメかカキツバタになるのかもしれない。イチハツなんていうのもある。ま、詳しいことは分からない。時節柄、鯉のぼりが似合いそうな花だ。それに兜かな。

いま『鎌倉殿と十三人』という大河ドラマをやっているが、武器は弓と刀なので、やたらに首を取るシーンが多い。歴史考証が入っているのだろうが、草鞋と馬、あるいは徒歩で、鎌倉から伊豆、安房、甲斐、信濃、京、奥州などへ簡単に往来しているのがどうも漫画っぽい。ま、三谷幸喜の脚本だから飛躍があっても許されるのだろう。

| コメント (0)

2022.05.02

クレマチス

P1060388

なんだろう
クレマチスの
花を見ると
水ぐるまを
連想する

今日は、3回目のワクチン注射の副反応で体中に蕁麻疹ができたという人がキャンセル。また、コンピュータが言うことを聞かなくなったという人もキャンセル。かわりに、久しぶりに来院したひとが二人。世の中は大型連休さなか。

ちなみに、「ゴールデンウイーク」は商業的な造語なので、NHKは使わない。もっぱら大型連休だ。3,4,5日はいい天気らしい。

| コメント (0)

2022.05.01

ユリノキの花咲く

5月1日(日)。くもり、午後から雨の予報。けさ、街路樹のユリノキに花を見つけた。嬉しかった。思いのほかあちこち咲いている。剪定が浅くて花芽がたくさん残ったようだ。2週間ぐらいは咲くだろうから、こんどは望遠レンズで撮ろう。若葉出て2週間ぐらいで花が咲いた。ことしは早いような気がする。

P1060377-2
ユリノキの花

以前のユリノキの花の記事

| コメント (2)

2022.04.30

ハゴロモジャスミン

P1060371-2
ハゴロモジャスミン

近所のお宅の垣根に羽衣ジャスミンが咲いている。あのジャスミンティーの香りが強くただよう。以前、これをジャスミンとしてブログに載せたところ、これはハゴロモジャスミンのほうです、と指摘を受けた。調べてみると、同じモクセイ科だが花はだいぶ違う。ジャスミンは夜咲き、花も大きく白い。ハゴロモジャスミンは小さな五弁の花が集合して咲き強い香りを放つ。中国料理のあとに出てくるジャスミンティーはハゴロモジャスミンではなく、こちらのジャスミンの種をお茶にしたものらしい。

Jasmin
ジャスミン(茉莉花)

Karora2カロライナジャスミン

もう一つ、黄色の小さな小花を咲かせる蔓状の綺麗な花がある。それはカロライナジャスミンといい、私のお気に入りだったが、かなり毒性があり、子どもたちに口に入れさせないようにと書いてあった。こちらはフジウツギ科で、ジャスミンとは関係ないらしい。ただジャスミンのような香りが少しする。英語でfalse jasmin ともいうらしい。偽ジャスミンだ。その名の通り北と南のカロライナ州で咲くようだ。

羽衣ジャスミンの
香りがいっぱい
中国料理の
フルコースが
頭に浮かぶ

ジャスミン
ライラック
金木犀
ヒイラギ
みんなモクセイ科

| コメント (2)

«神代植物公園2