2019.09.19

ラクナ脳梗塞

8月28日より9月18日まで治療室を臨時休業した。脳梗塞で二週間あまり、川崎市立多摩病院に入院していたので、ブログのほうもお休み。ただ臨時休業の知らせだけをのせたので、どうしたのかとご心配をいただいたかたも多いと思う。

8月27日の朝、言葉がもつれるので、おかしいと思った。妻にも指摘されたが、いつものように自転車で治療室へ向かう。お昼に、行きつけの病院に行き、そのことを話すと、「左側に顔面マヒが出ているよ」と言われた。すぐに大きな病院に行きなさいと紹介状を書いてもらう。ちょっと、あせる。

妻のすすめで、近くにMRIのある個人病院に行き最新式のMRIを撮ってもらう。結果は、右側の脳梗塞。場所は放線冠とか。医師は直ちに市立多摩病院に電話をし、救急扱いで受け付けるよう頼んでくれた。ベッドも確保してくれたようである。診察の結果、二週間の入院が必要が決まり、すぐに点滴が開始された。採血も行われた。

点滴は最初の一週間、昼と夜に行われた。抗血小板薬の点滴で、血液の凝固を防ぐのが目的らしい。私の場合は穿通枝という細い動脈の先の方に血栓がつまったようだが、他の部分にも同様のことが起きやすいので、まずはその予防をしないといけないという。これはラクナ梗塞といって、脳梗塞のなかでも比較的軽いものだそうだ。実際、わたしの症状は、言葉がもつれること、唾液の分泌がふえたこと、頬がすこし痩せたことぐらいで、手足のマヒは出なかった。しかしまあ、そのときはエライことになってしまったと思うだけで、ま、俎板の鯉状態である。

これから少しずつ、病気の経過、入院中の話などを書いて行きたいと思う。

言葉が
もつれたら
ためらわず
救急車を
呼ぼう

| コメント (6)

2019.08.25

たまりばーる

毎週日曜に鍼治療に来る日人がいる。きょうは午前中6人治療した。午後、自転車で久地にある有機野菜のお惣菜の店「カフェたまりばーる」に行った。これだけ手の込んだ料理を食べられるところはそんなにない。挽きたてのコーヒーもうまい。

P1220906-640x462

1.ミャンマーカレー
2.ポテトオムレツ(バジルソース)
3.カボチャサラダ
4.茄子の揚げびたし
5.ゴーヤと赤玉ねぎのポン酢和え
6.変わり冷奴 
7.ピーマンと十六ささげの当座煮
8.胡瓜の香り漬け
9.一口おやつ (杏仁豆腐)

府中街道のr陸橋の下で人が大勢いた。なにかの撮影らしい。サスペンスドラマかもしれない。

それから、川崎市緑化センターに寄った。先日出遭った黒い花の正体がわかった。クロホウシというやつらしい。黒い花とはおどろいた。花びらは静かに散るのだろうか。

P1220916-640x480

サンスベリアの苗を買った。トラノオなどとも呼ばれ、一時期これがマイナスイオンを多量に放出するというので話題になったことがある。先がとがっているから魔除けにもなるという。大きくなったら新しい家の件かんにでも飾ろう。

5j   サンスベリア

カフェ「たまりばーる」

| コメント (2)

2019.08.24

真夏の花

真夏の花は
一日花
つぎつぎ
散って
百日紅(さるすべり)

朝刊をみてびっくり、私の歌が特選になっている。だいぶ前に投稿したものだが、高校野球などで紙面がとれず、五行歌欄はしばらくお休みだったのだが、再開されたようだ。

ノウゼンカズラやムクゲ、芙蓉などは一日花と知っていたが、サルスベリは確信がなかったので、あとでネットでしらべた。そうしたら、やはり一日花とあった。ちなみにムクゲは韓国の国花である。

草壁先生の講評:特選歌、真夏にずっと勢いのいい百日紅の謎の存在が、この一首ではっきりとらえられた。ほんとだな、と共感。

四行目の「散って」はネガティブなイメージなので、本当は「咲いて」のほうがよかったかもしれない。「咲いて散って」でもいいか。

真夏の花は
一日花
つぎつぎ
咲いて
百日紅

| コメント (2)

2019.08.22

きのうの歌会の秀歌

きのうの「しんゆり歌会」の一席から三席まで、メールで教えてもらう。

愛の絵の具と       室川(一席)
憎しみの絵の具の
限りなき混色パターンに
日々変わる
こころ

黙祷の          有水(二席)
1分間の
静けさを
埋めつくさんと
蝉の声響く

                   内藤(三席)
どかどかと
土足でやってきて
我が物顔で
居座っている
猛暑

 

7月の題詠は「ひまわり」だった。評価はしない。

ゴッホの     リプル   
ひまわりは
魔界への入口
油断すると
引き込まれる

太陽に      京子
向かって咲く
ひまわりが
私の方を
向いている

| コメント (0)

2019.08.21

しんゆり歌会を休む

月一回の「しんゆり五行歌会」の日だが、今回は代表を退いたこともあるし、すこし頭を休めたいので欠席した。資料の受け付けもないし、資料作りもない。あちこち電話することもないし、とてもらくである。今まで「五行歌会」のためにかなりのエネルギーを費やしてきたことがわかる。

午前中は、梅、椿、モミジなどを剪定した。すこし蒸し暑かったが、雨が降らなかったので仕事がはかどった。とくに、例の空調服を着てやると、ほんとにらくである。剪定した枝を短く切ってそれをゴミ袋に入れる。

昼は石臼挽蕎麦の「石づか」に行った。ランチセットは売り切れていたので、私は天せいろ、妻はけんちんそばを注文した。

ゴミ袋は45ℓが5つ、70ℓが3つにもなった。葉が枯れればゴミは減るが、生木のほうが切りやすいし、処分しやすい。あしたは平日なのでそれほどゴミも多くはないだろう。

私の欠席歌はこれ。先日のアクアラインの強風のこと。

バスや
トラックまでが
尻をふらつかせている
風速十八メートルの
高速道路

題詠は「提灯」だが、イマイチ。
彼らはたましいだもんね、で「千の風」を詠んだつもり。

台風で
送り火が焚けない
提灯もなし
でも彼らは
たましいだもんね

| コメント (0)

2019.08.20

自分に針を刺す

数日前から左ひざの内側が痛む。内側半月板のあたりだ。ひねったか、なにか無理な力がかかったのだろう。医者に行けば「軽い変形性ひざ関節症ですね」と言われるやつだ。熱はないし、腫れもないから、軽いことは事実だ。

ひざをピンと伸ばすと痛みが消える。また長い時間しゃがんで仕事をしていると立ち上がるとき痛む。温灸をしたり、円皮鍼を刺したりしてしのいでいたが、ちょっと長引くので針をすることにした。これは大腿四頭筋や内側ハムストリングの異常緊張が原因なので、そこを緩めてやればいい。いつも患者さんにしていることだ、

左足の鼠径部に衝門(しょうもん)というツボがあり、そこに針を刺して低周波を流せばいい。大動脈の1㎝ほど外側だ。ちょうどパンツの股ぐりのあたりで、いろんな意味できわどいところだ。 妻にやさしく針を刺してもらった。皮膚を切るときは一瞬チクッとするがあとはスーと入る。それに低周波をかけてもらう。すると、大腿四頭筋や内側ハムストリングがピクンピクン動きだした。これで血行がよくなり、10分もすれば筋肉の緊張がとれるはずである。

治療のあとはさすがに膝がらくになった。妻に「針ってよ効くねえ」なんて話す。あとはひざを伸ばす体操をまめにやればいい。

| コメント (0)

2019.08.19

過去歌を整理する

古いブログに書いた五行歌を拾い集めている。初期のホームページに書いたものや、ブログにしてから書いたものをあつめると、そうとうな数にのぼる。同じ人間が書くのだから、似たようなものも多いし、ほとんどが駄作になるが、こんなことを書いていたのかと驚くようなものも見つかる。それらを整理して「私の五行歌集」のようなものをつくってもいいかなと思うようになってきた。

2005年ごろからの五行歌をブログから拾い、コピーしてワードにまとめている。これがけっこう大変な作業である。もちろん、マウスは使わず、キーボードを利用して「c+c」でコピーし、「c+v」で貼り付けて行くのだが、うまくドラグできなかったり、貼り付けに失敗したりする。じつに根気のいる作業だ。ただ、たのしい作業ではある。

| コメント (2)

2019.08.18

空調服はありがたい

土日の午前中は忙しい。妻に手伝ってもらわないときつい。

お昼は、栗平の西食亭で食べる。ひざが悪かった叔母もだいぶ症状が回復した。やはり、畑仕事をしているので筋力があるから治りが早い。

午後3時過ぎから、家のまわりの草取りを始めた。空調服が快調である。体のまわりを空気が流れ、首に抜けて行くおかげで、暑さがだいぶやわらぐ。ファンの音もほとんど気にならない。だれが発明したのだろうか。

| コメント (2)

2019.08.17

強風にバスも揺れる

P1220871-640x399
アクアライン金田バスターミナル

前を行く
バスもトラックも
ふらついている
風速18mの
高速道路

送り火も
焚けない
馬も牛もなし
千の風になって
お帰りください

| コメント (0)

2019.08.16

木更津の送り火

P1220862-640x479
寿福寺観音堂

朝、お墓参りに行った。それから電車と高速バスで木更津に行った。渋滞はほとんどなかったが、アクアラインの橋上部分は風が唸っていた。前を行くバスやトラックが左右にふらついてる。掲示板には風速18m、速度制限は40kmと出ていた。乗っているバスも揺れる。海は白波が立っている。飛行機の姿はない。

木更津では妻の菩提寺の光明寺に寄り、齊田家の先祖のお墓参りをした。ここもへたをすると吹き飛ばされそうな風が吹いていた。それから実家の送り火を焚き(火は燃やせない)、温子ちゃんのホームへ行った。そういえば、千葉で27日に孝弘くんの結婚式があったから、みんなで会って、まだ一ヶ月もたっていなかったのだ。

帰りは金田バスターミナルまで送ってもらった。すこし渋滞はあったけど、家には6時半ごろ着いた。これにて、お盆の行事は無事終了である。

台風による
フェーン現象で
新潟県胎内市では
40℃を越えたとか
もう異常ばっかり

| コメント (0)

«台風の日の送り火